【ONE PIECE まとめ】現在までのワンピースの要点・ポイントを最短で振り返ってみた7(インペルダウン・マリンフォード頂上決戦編)

ONE PIECE(ワンピース) とは

ONE PIECEとは、週刊少年ジャンプで連載中の少年漫画で、主人公のモンキー・D・ルフィが仲間たちと様々な敵に立ち向かいながら海賊王を目指す物語です。

1997年に連載が開始してから、20年以上愛され続け、いまや日本を代表する超人気作品です。


フジテレビ系列でアニメ化・映画化もされており、ハリウッドでは実写化も予定されているほど世界中の人気を集めています。

単行本は100巻近くまで出ており、物語は佳境に入ってきました。

今回は、そんな世界的人気漫画ONE PIECEのあらすじ・重要ポイントを初めてみた方にもわかるようにまとめていきます。

ちなみにワンピースの映画やテレビアニメはFODの見放題作品に含まれているので、無料で見たい方は2週間の無料登録が超おすすめです!!

FODプレミアム
https://nekonekokonekoblog.com/wp-content/uploads/2019/10/animal_kuma.png
みーくん

ONE PIECEの漫画が気になる方はU-NEXTの31日間の無料体験がオススメです!

特典ポイントで好きな巻をタダで1冊ゲットできます!さらにはアニメも無料で全話見放題です!

そして期間内に解約すればお金は一切かかりません

【U-NEXT】ONE PIECE

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

この記事は前回書いた記事の続きです。
スリラーパーク編とシャボンディ諸島編は下の記事でまとめています。

インペルダウン編(54・55巻)

ルフィは、ハンコックの計らいにより無事インペルダウンに入ることができた。

インペルダウンにはエースの他に、道化のバギー・Mr2ボンクレー・元王下七武海クロコダイル・現七武海ジンベイが収容されていた。
また、カマバッカ王国の女王であり、革命軍幹部のイワンコフとも出会う。

ルフィは脱獄を目論む脱獄囚や革命軍イワンコフと共に、エースが収容されているはずの場所に到着するも、エースはすでにマリンフォードに連行されてしまっていた

一行は、エースを守るためマリンフォードに向かう。

時を同じくして、麦わらの一行がインペルダウンの戦力と闘っている最中に、黒ひげがインペルダウンを襲撃した

マリンフォード頂上戦争編(56〜61巻)

ポートガス・D・エース

マリンフォードでは今まさにエースの処刑が行われようとしていた。
マリンフォードで白ヒゲを待ち構えるのは、5人の王下七武海と大将率いる海軍である。

エースの育ての親であり海軍中将のガープが見守る中、”海軍元帥”センゴクがエースの出生を語る。
エースはかつての海賊王ゴール・D・ロジャーの唯一の息子だった
エースとルフィは実際の兄弟ではなく義理の兄弟であった。

頂上決戦

白ひげ海賊団の47艦隊が現れ、海軍との総力戦が始まった。
そんな中、麦わらのルフィ率いるインペルダウン脱獄組が到着し、白ひげ海賊団と共闘する

白ひげは体調の悪化もあり、体力の限界を感じながらも奮闘する。
一同は死闘の末、エースを奪還することに成功した

白ひげは寿命を悟り、白ひげ海賊団に「全員生きて帰還しろ」と最後の船長命令をする。
白ひげの言葉に一同は逃げるが、エースは白ひげを罵る”大将”赤犬の挑発に乗ってしまう
そして、赤犬からルフィを庇いエースは殺されてしまう
ルフィはエースを殺されたショックと戦いでのダメージにより気絶する。

逃亡中の一同の前に、”海賊兼医者”トラガルファー・ローが姿を現し、海軍から逃げるルフィを救援する。
ローの計らいによって、ルフィは海軍から逃げることに成功した。

そして目的を失ってもなお戦いが続く戦場に”四皇”赤髪のシャンクスが登場し、呼びかけにより戦争を終結させる

今回の戦争の結果は、白ひげとエースの死であった。
白ひげの歴史が終わり、新しい時代が始まった

黒ひげ海賊団

戦争中に黒ひげ海賊団が登場する。
黒ひげはインペルダウンに収容されていた史上最悪の犯罪者たちを仲間にしていた。
黒ひげが七武海に入った目的はインペルダウンで仲間を増やすことだった。

そして死んだ白ひげの悪魔の身の能力を奪い取り、黒ひげはヤミヤミの実とグラグラの実の二つの能力を手にすることとなった。

”黒ひげ”マーシャル・D・ティーチ
体が異形であり、普通の人間なら無理である二つの悪魔の身の能力を手にすることができた。

戦争後

ルフィは政府の目が届かない女が島で療養していた。
目が覚めたルフィは、己の弱さ故にエースを救えなかったことに泣いたが、自分には仲間がいることを思い出す

そこに”冥王”レイリーが登場する。
レイリーの助言により、ルフィは一味との集合を2年後に引き延ばし、強くなるために特訓を行うことにする

一味は各々強く成長し、2年後にシャボンディ諸島で再集結する

新海軍本部
新元帥サカズキ(元赤犬)の覚悟により海軍本部がマリーフォードから新世界に移設した。
一味の成長
一味は二年間で大きく成長した。
ルフィは”武装色の覇気””見聞色の覇気””覇王色の覇気”を自在に操ることができるようになり、”自然系(ロギア系)”の能力者に攻撃を与えられるようになった。

また、2年前に一味が全滅させられかけたパシフィスタ2体をゾロとサンジにより一蹴し、一味の総力が格段に上がったことを世界に見せつけたのであった。
バーソロミュー・くまの奇行
集結した一味を迎えたサニー号に傷は一つもなかったが、実は七武海バーソロミュー・くまがサニー号を守ってくれていたのだった。

くまは、Dr.ペガバンクによりいまや人格のない人間兵器になってしまったが、かろうじてまだ人格が残っている頃に『麦わらの一味の誰かが帰ってくるまでは船を守る』という任務をインプットしてもらい、完遂したのだった。

まとめ

今回は、ウォーターセブンから頂上決戦までまとめました。
お読みいただきありがとうございました。

頂上決戦でのエースとの別れでは涙が止まりませんでした。
個人的には、赤犬の挑発に乗らずに生きて逃げて欲しかったです。

ワンピースを実際に見てみたい!という場合は、初めての方は無料でお試しできるので、FODの無料体験を利用してアニメ・映画を見て興奮しちゃいましょう。

FODプレミアム

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です