ONE PIECE(ワンピース)973話【最新話確定ネタバレ】

今回は『ONE PIECE』のジャンプ本誌の最新確定973話ネタバレ記事です。

https://nekonekokonekoblog.com/wp-content/uploads/2019/10/animal_hiyoko.png
わーちゃん

完全なるネタバレを含みますのでご注意ください!

前回(972話)の振り返り

・おでんはカイドウとオロチによる公開処刑”釜茹で”を1時間耐え抜くも、結局銃殺されてしまう。
・”釜茹で”最中、オロチは家臣らにワノ国の開国を託す。
・おでんはトキに遺言の手紙を託す

最新話(973話)の確定ネタバレ

火の海、九里城

おでん処刑後、カイドウは光月家の息の根を止めるため、誰よりも早く九里城に向かい火を放つ。

その最中、おでんの息子であるモモの助と出会う。
泣き喚くモモの助を見たカイドウは、自ら手をかけずモモの助を火の海に放り込む。
そして九里城から去っていったのだった。

結果としてモモの助は命を失わずに生き残っていた

一家のタイムスリップ

その後、トキによって一家が招集される。
トキは自らの命を犠牲にして一家を未来へタイムスリップさせるのだった。

結果として、オロチは侍たちの死亡を確認できず、彼らが復讐に来ることを恐れ続けることになる。

傳ジロー

傳ジローは現代で正体を隠すため、狂死郎丑三つ小僧の二つの名を使い分けていたことが判明する。

傳ジローは怒りによって顔が変貌しているため、オロチに正体はバレずに、狂死郎の名でオロチの護衛役として傘下に入ることに成功した。

一方で傳ジローは丑三つ小僧の名で、蔵の金を盗む盗賊もしていた。
彼が盗みを行う目的は、貧しいワノ国の民衆の生活を少しでも良くすることであった。

日和

その後、狂四郎に扮した傳ジローは日和と再会し、自分の正体を告げた。
二人はお互いの無事を喜んだのだった。

また、傳ジローは日和に以下のように伝えた。
・自分のことは将来くる決戦の時まで他言無用でいてほしい
・河松の代わりに日和のことは自分が守る
・正体を隠すため小紫と名乗ってほしい

結果として、日和は現代では花魁小紫として生活することとなった。

まとめと考察

https://nekonekokonekoblog.com/wp-content/uploads/2019/10/animal_kuma.png
みーくん

狂死郎と丑三つ小僧の正体は二人とも傳ジローだったんだ!!!

https://nekonekokonekoblog.com/wp-content/uploads/2019/10/animal_hiyoko.png
わーちゃん

狂死郎として仲間内から上手にオロチをぶっ飛ばしてほしいね!

以上、973話の確定ネタバレでした!

https://nekonekokonekoblog.com/wp-content/uploads/2019/10/animal_kuma.png

ONE PIECEのほかの話も読みたい方はU-NEXTの31日間の無料体験がオススメです!特典ポイントで好きな巻をタダで読めます

【電子書籍】ONE PIECE

本ページの情報は2020年3月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

https://nekonekokonekoblog.com/wp-content/uploads/2019/10/animal_hiyoko.png

紙の本で読みたい方は1冊80円でレンタルできるこちらがおすすめ!

1冊80円のDMMコミックレンタル!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です